2019年3月11日月曜日

3.11に寄せて~8年を思う~


 8年。小学生は成人式を迎えた。1年でも十分長いが、8年経てばどんな変化があっても不思議はない。実際、傷ついた建物は再建・新築され、盛り土がされ、店が再開し、新たな仕事がうまれ、新たな命も生まれた。見えやすい部分の変化は大きく感じられる。
 震災発生直後から、被災状況は多様だった。8年経った今、復興状況は更に多様になっている。外形的な復興状況もさることながら心の復興状況は多様だ。地震と津波と原発事故と、それにまつわる全てのことに、命を、暮しを、思い出を奪われた事実を覆すことはできないが、その受け止め方と乗り越え方は、本当に人それぞれだ。どのやり方が望ましい、ということではない。ただひたすら、人は多様なのだ。多様な中に、共通の課題は山積している。8年経って、既に、復興という言葉を使うことすらためらわれるが、敢えて復興という言葉を使うならば、一人ひとりの状況が多様だからこそ、現地にいる一人ひとりが主人公となった復興が不可欠だ。複雑化した共通課題に取り組む一人ひとりを支えるというのは、これからもJENの東北支援の方針であり続ける。
 一人ひとりが自分の人生を十全に生きようとするその営みは、大災害に遭っても、それによって方向性が変わっても、本質は変わらない。その尊厳を支えていく行為に、この頃ローカリゼーション(Localization)という名前がついている。世界の人道支援の現場で、これまで以上に意識的に、現地の人々を主体として尊重する形で支援をしていこうという決意を表した言葉だと考えている。
 東北の人々が、外部の人々の支えとともに、これまで成し遂げてきたことは、世界の厳しい状況にある人々の希望だ。世界の人道現場のお手本でもある。

2018年1月5日金曜日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。


 除夜の鐘が聞こえ始めると、一年間お世話になった人たちへの感謝で胸が一杯になります。今年初めてお世話になった方、昔から変わらずご恩をいただいている方々、様々な方に支えていただいて新年を迎えることができました。厳しい時も嬉しい時も、周囲の方々の温かさのお蔭で乗り越えられると感じます。


日本にも世界にも、今日が新年であることにも気づけない程、厳しい状況にある方々がおいでだと思います。そういう方々を支えるのが、私たちの仕事ですが、気象災害や紛争の被害者は増え続け、これまでのやり方では太刀打ちできない状況になっています。支援の世界にも、新しい考え方ややり方、イノベーションのニーズが高まっているのです。


一番変わらなければならないのは、どの様に成果を測るのか、という部分かも知れません。これほど多くの人々が支援を必要としている現状で、費用対効果が高いことは重要なことだと思います。同時に、費用対効果が高いことが重視され過ぎると、大切なものを見失うのではないかと懸念しています。


JENは以前から『与える支援ではなく支える支援』を目指してきました。だれも、誰かの人生を生きることはできません。一人ひとりが自分の人生を十全に生きることができることが前提です。一時的もしくは長期的にその状態が損なわれている時、本人たちがそれを回復しようとする努力を支えることができたら、あとはその人たちの人生です。人の数だけの多様な人生があるならば、人の数だけの多様な支援があってよい、それが非効率的だとされたとしても、人より効率を優先することで人が不幸になるならば、非効率的な支援の方がより良い支援と言えるかもしれません。ここで本当に求められているのは、人か効率かのどちらかではなく、両方を重視できる新たな取り組みではないでしょうか。


新しいものが生み出される時、必ず生みの苦しみがあるでしょう。その苦しみを恐れずに、前に進み、より良いものを生み出していけるJENでありたいと新年に祈念しています。

2018年1月5日

特定非営利活動法人ジェン
共同代表理事 木山啓子

2017年12月27日水曜日

Chabo!著者の皆さんとJEN職員の交流会


2017年の活動の進捗ご報告と、その後は交流会を開きました。
お忙しい中、駆け付けてくださった勝間さん、白河さん、酒井さんに感謝!




Chabo!って


2017年12月2日土曜日

第108回IOM総会のパネルディスカッションに出席しました


ビデオアーカイブをご覧ください(英語)。50分ごろから発言しました。

IOM駐日事務所のウエブサイトで紹介されました。

2017年10月25日水曜日

JEN東京本部の地元、神楽坂でお祭りがはじまりました

「神楽坂まち飛びフェスタ」にて、読まなくなった本の回収、ブック・マジックをやってます。このお祭りの期間だけ、1冊(点)から、受け付けています。





明日も同じ場所(毘沙門天前)にて、回収します。

通常のブック・マジックは、365日受け付けています。
お申込みは、こちらから。

2017年9月22日金曜日

国連大学対談シリーズ~ 人道的危機におけるレジリエンスの回復~


国連大学対談シリーズに登壇させていただきました。
117名もの来場者を迎え大盛況でした。ご来場ありがとうございました。


2017年8月8日火曜日

【動画】イラク緊急支援 / モスルで緊急支援を行っています。


私たちのスタッフが、解放されたモスル市内に入っています。
市内、市外、郊外、避難民、帰還民、あらゆる状況の人や地域を対象に、
緊急支援を始めました。

動画をご覧ください。